Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://garlicg.blog92.fc2.com/tb.php/18-64c71041

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Jetしようぜ!①準備編

Androidの音楽再生方法にJetPlayerというものがあります。
こいつ、情報があんまないんで、チョロっと調べてみました。

Jetのメリットとして、音楽をインタラクティブに再生できるとあります。
なんのこっちゃって感じですが、つまりこんな感じです。
・音楽をスムーズにループ再生できる
(MediaPlayerだとループ時に一瞬音が切れます)
・音楽をイントロとそれ以外に分けて再生できる
(MediaPlayerはそういったことできんですね)
・音楽の展開に合わせて、イベントを受け取れる
・DLS (Downloadable Sounds) を使った独自音源を使用できる


あと、MediaPlayer側のメリットとして、音楽に若干リバーブがかかります。
JetPlayerとMediaPlayerで同じMIDIを再生すると、MediaPlayerのほうが
豪華に聞こえます。

そしてJetPlayerにはバグがあります。なんと、IS06では動かないーのです。
「えっ」って感じですが、インスタンスを呼び出すと
APIがエラーを吐きます。
そのエラーとは・・・

java.lang.UnsatisfiedLinkError

ふむふむ。JavaのAPIリファレンスによると・・・
「Java 仮想マシンが、native と宣言されたメソッドの
適切なネイティブ言語の定義を見つけることができない場合に
スローされます。 」

おいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
つまり、ネイティブのリンク定義がないってことですかね?
IS06どうなってんだ・・・???

と、まあ続きです。
JetPlayerは専用Jetファイルのみ再生することができます。
Jetファイルは、MIDIファイルの断片をまとめたファイルです。
こいつは、SDK内にあるJetCreatorというツールで作成することができます。


準備するもの。

・Android SDK
・Python 2.5以上
http://www.python.jp/Zope/download/pythoncore
・wxPython 2.8以上
http://www.wxpython.org/download.php
(上でインストールしたPythonのバージョンにあわせてください
お使いのCPUのUnicode版がいいと思います。
ちなみに、Pythonをインストールしたあとに、再起動が必要です。)

今回はこの2つをインストールしました。
Python 2.5.4 (Windows用インストーラ python-2.5.4.msi)
wxPython2.8-win32-unicode-py25 (32-bit Python 2.5)

それぞれを適当にインストールしてください。

AndroidSDKのフォルダの中から、
\tools\Jet\JetCreator
を開いてください。

py拡張子のファイルがたくさんあると思います。
01.png
この中から、JetCreator.pyをダブクリすると、
プロンプトが動いたあと、下の画面が開かれます。


02.png
これで準備完了です。

Jetしようぜ!② Jetファイル作成編に続く

(投稿者 Ushi)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://garlicg.blog92.fc2.com/tb.php/18-64c71041

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。