Entries

スポンサーサイト

Jetしようぜ!④JetPlayer後編

JetPlayer後編です。前編はこちら 今回は、音楽をループさせてみましょう。 前回のソースのこのへんを // 再生したいセグメントをキューに入れる mJetPlayer.queueJetSegment( 0, // 再生するセグメントのID -1, // DLSのID (使用しないなら-1) 0, // ループ回数 (-1で無限ループ) 0, // 音程変更 (-12~12まで) 0, // 特定のトラックをミュートにする場合のフラグ (byte) 0); // 任意...

Jetしようぜ!③JetPlayer前編

前回のJetしようぜ!②準備編でJetファイルを作成したので、今回は実際にJetPlayerを使ってみましょう。 以下のようにAndroidプロジェクトを作ってみました。...

Jetしようぜ!②Jetファイル作成編

前回Jetしようぜ①準備編の続きです。今回は、実際にMIDIファイルからJetファイルを作ってみませう。というか、Jetの情報って需要あるの・・・?Jetファイルを作る前に、元となるMIDIファイルが必要です。試しにそこらへんから拾ってくるなり、自分で作るなりして、適当に用意してください。(ただし、他人のMIDIを勝手にアプリに入れてリリースしたら、ダメ。ゼッタイ!)...

Jetしようぜ!①準備編

Androidの音楽再生方法にJetPlayerというものがあります。こいつ、情報があんまないんで、チョロっと調べてみました。Jetのメリットとして、音楽をインタラクティブに再生できるとあります。なんのこっちゃって感じですが、つまりこんな感じです。...

AudioTrackで効果音

AudioTrackはハードウェア寄りの処理ができるクラスで、バイト配列を直接書き込むことができる。予め音データを作成してから再生するSTATICモードと、音を逐一書き込んで再生するSTREAMモードがある。音リソースなしでソースで効果音を作成・再生したかったんだけど、なかなか難しい。色々ごにょったのをとりあえず貼り付け。...

音量キーを制御する

メモActivity#setVolumeControlStream(int streamType)で音量キーを押下した場合に調節する音を制御することができる。streamTypeにはAudioManagaerクラスの定数値を指定。AudioManager.STREAM_ALARMThe audio stream for alarms AudioManager.STREAM_MUSICThe audio stream for music playbackAudioManager.STREAM_NOTIFICATIONThe audio stream for notificationAudioManager.STREAM_RINGThe audio stream for phone ringAu...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。